白湯について

千葉県千葉市緑区(鎌取・おゆみ野地域です)

台湾式若石リフレクソロジー(足もみ・足つぼ・足裏マッサージ)サロン

若石健康工房 穂の加 のkanaです。

サロン概要&アクセス&出張施術の概要はこちら

メニューはこちら

 

 

 

📓若石ミニノートその③

「白湯について」

 

施術後に白湯を飲むように言われるけど、白湯って何?

どうして飲まなくちゃならないの?

 

私も、若石と出会うまでは白湯のこと正しく理解していませんでした。

 

【白湯(さゆ)とは】

水を一度沸騰するまで温めてから、飲みやすい温度まで自然に冷ましたもの

(温度に関してはお好みで良いが、下限を内臓の温度よりもやや高い50℃程度とし、それよりも低いと白湯としての様々な効果は半減してしまう。)

 

 

【白湯の作り方・やかん編】

浄水器を通した水道水か、ミネラルウォーターをやかん(なべでもOK)に入れて火にかける。

 

 ②沸騰したら弱火にして蓋を取り、大きな泡がブクブク立つ位の火加減に調節し、換気扇を回しながら10~15分ほど熱し続ける。

(水の中の不純物を取り除く為であり、換気扇に関してはアーユルヴェーダ的観点で「風」のエネルギーを取り入れる為である。水・火・風が合わさり、よりバランスの良い白湯をつくることができる。)

(また、「一度沸騰」であり、二度以上沸騰させない理由は、水の中の不純物が逆に増えてしまうことを避けるためである。)

 

 ③火を止め、コップに注ぎ、人肌よりも少し熱め(50℃位)になるまで冷ます。

(・・・実際にはお好みの飲みやすい温度で、口の中~食道~胃~腸がジワーッと温まり、身体の隅々を暖かい血がめぐるのをイメージしながら飲んでいただくのが一番です!)

 

 ④作り過ぎた場合は、魔法瓶等(電気ポットは×)で保温してもよい。

(熱々の状態のまま保温し、飲む都度コップに注いで適温まで冷ますと便利です!)

 

  

【白湯の作り方・電子レンジ編】

①一度に飲みきれる分のミネラルウォーターをカップに注ぐ。

②500Wなら2分程度・600Wなら1分30秒程度温める。(熱々になるまで温める)

③適温まで冷ます。

 

※電子レンジの場合は不純物を取り除くことができないので、水道水の浄水よりもミネラルウォーターの方がおススメである。

アーユルヴェーダ的観点からは、やかん編の方がおススメということになる。しかし、自分のやりやすい方法で気軽に飲めて、長く続けることの方が大切である。

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命科学」という意味をあらわし、インド・スリランカ発祥の伝統医療であり、代替医療である。

 

 

【白湯の飲み方】

ここでは施術後の白湯の飲み方に的を絞ってご説明します。

 

注意事項で書いたように、60分程度の施術を受けた場合はできれば500cc の白湯を飲む。

 

・500ccいっぺんに飲めない場合は何回かに分けて飲んでも構わない。(なるべく1~2時間以内に)

 

・白湯がどうしても苦手という方は、レモン汁を少し加えてみたり、はちみつを小さじ1杯加えてみたり、それでも苦手な場合は暖かいハーブティーやノンカフェインのお茶等を試してみるのもよい。

 

・環境的に白湯を用意できない場合は、常温の水でも構わない(推奨はしない)。施術後に何も飲まないということだけは避ける

 

 

【施術後に白湯を飲む理由】

施術により血液中に流れ出た老廃物(不要物)を、水分を摂ることにより、尿として体外に排泄させるため。

 

・各器官・臓器の老廃物(不要物)が、施術によって毛細血管の中に流れ出し、静脈を通って身体中を駆け巡る

 

・そのまま何もしなければ老廃物は心臓を通って今度は動脈へと押し出され、身体中を駆け巡り、再び身体中の毛細血管から各器官や臓器に取り込まれ、結局は施術前の状態へ戻ってしまう。こんなもったいないことはない。

 

白湯を飲むことによって血液中の老廃物をいち早く尿として体外に排泄することができる。白湯を飲まなければ施術の効果がゼロになるとまで言われてしまうのはここに理由がある。

※冷たい水では身体を冷やしてしまう。

※常温の水よりも白湯のほうが内臓温度や血液の温度よりも高いため、老廃物のお掃除(排泄)がしやすい。

 

・また、白湯を飲むことによって。胃や腸等の汚れを洗い流す効果もあるということで、消化器系のデトックスも同時に期待できる。

 

※白湯に関しては、その他にも体温上昇による基礎代謝アップ、冷え性の改善、便秘の改善等々、効果を挙げればキリがなく、施術に関わらず普段から飲むことを習慣付けると様々な効果が期待できます!

 

 

  

 以上、📓若石ミニノートその③ でした✒

 

 

 

 

☕☕☕

先ほどblogに載せた「若石ミニノート その②」の補足メモとして書いていたはずの「白湯について」、

ついつい長々と書いてしまったので、白湯の部分を独立させてしまいました。

 

それくらい、白湯のすごさを実感しているということが自分でも良くわかりました。

  

若石と同時に白湯と出会ってから今日まで、ほぼ毎日、たとえ真夏でも、白湯を飲むようになりました。

 

朝起きたら、まずやかんでお湯を沸かして、熱いまま魔法瓶に詰めて、白湯だけでなく、家族みんなのいろいろな飲み物をこのお湯で作っています。

(時間の無い時は沸騰⇒即魔法瓶へ直行!とか、冷めるの待てない時は熱々のお湯に水道浄水を足して適温に‥とか、白湯の定義無視していろいろ省略する時だってあります。続けることの方が大切ですしね。 でも、お客様用の白湯はちゃんと10分煮沸&「風」をとりいれてますよ!)

 

朝一番の水分は白湯と決めているわけではないですが、不思議と飲みたくなるのです。(朝食後には大好きなコーヒーを飲んだり、緑茶でさっぱりしたり、紅茶で体を温めたり、その日の気分で自由にやっています。)

 

嗜好品を止めたり我慢したりせずに、水分補給(以前は冷たい麦茶をよく飲んでました)を白湯に変えたことで、無理なく続けられ、最終的に「白湯」自体のや飲んだ時にカラダに伝わる感覚も好きになったのかもしれません。

 

 

白湯の効果か、若石リフレのセルフケアの効果か、両方の相乗効果か?

頑固な冷え性がかなり改善されました!

そして、頑固な生理不順も嘘のように改善し、今ではお月さまと同じ周期になり、このことに一番驚いています!

(もともとかなり不順だったものが、仕事のストレスでさらに悪化し、30代後半~妊活の漢方薬や生活の見直しで少し改善し、でも年齢的に時間が無いということで最小限の薬には頼り、、、出産後も周期はとても順調とは言えず。それが若石や白湯と出会ってからは、お月さまと同じ周期になるなんて、まるで他人事のようで、毎回毎回飽きずにびっくりしています?)

 

 

白湯が好きになってからは、以前はたまにしか飲まなかったハーブティーの出番が増え、「嗜好」というものは変わるんだな~と感じているところです。(以前がコーヒーを飲み過ぎていただけ、とも言えますが・・・。)

今はいろいろなハーブティーを試すのが楽しみです✨

(ちなみに、サロンでお出ししているウエルカムドリンクはいくつかのハーブティーやノンカフェインのお茶の中からお好みのものを選んでいただいています✨)

 

 

「白湯」・・・安全で、簡単で、即効性がある、、、まるで若石リフレクソロジーのようですね?

 

 

 

 f:id:honoka-jakuseki:20161014183831j:plain

 

今日はとても久々に、遠くに富士山がくっきりと見えました。

我が家の小さな物干し場から富士山が見える日は、そんなに多くないけど、

これからの季節、息子と二人で富士山を眺めるひとときが、とても大切な、小さな幸せです。

 

 

 

ココロとカラダの、元気!健康!キレイ✨そして笑顔✨✨✨

少しでもお役に立てますように°˖✧と願いつつ。

 

 f:id:honoka-jakuseki:20160922114607j:plain

 

 若石健康工房  穂の加

🐤お子様連れ大歓迎!

🍀 ご高齢者様や要介護者様も安心してご利用いただけます。

🚗出張施術も積極的に行っております。

 

お問合せ&お申し込み

☎ 090-9334-7395

mail honokajakuseki@gmail.com

お問合せ・お申し込みフォームはこちら?

営業時間 平日10時~17時(最終受付15時)  

不定休 出張施術は土日祝日も一部お受けしております

(電話は9時~19時応対可能です。mailは24時間以内に返信いたします。)

 

メニューはこちら

サロン概要&アクセス&出張施術の概要はこちら

ご予約受付中です!

ご質問ご相談等も御気軽にご連絡ください。